○期分譲の意味

第○期分譲、ってどういう意味?

「第○期分譲」という言葉は、大型のマンションや一団地で計画されている分譲マン
ションでよく見受けられます。

大量の物件を一度に不動産市場に出すことで値引き合戦や売れ残りが起こるのを防
ぐ作戦として、小出しに市場へ流す、というケースがまずひとつ。いまひとつは、数
棟を同時施工して販売するより、建設計画時期を調整し、1棟をまず建ち上げて販売
しながらその利益や費用を2棟目の資金に流用するといったケースです。
いずれにしても、販売会社の販売戦略のひとつと考えればいいでしょう。
ここに詳しい事が書いていますのでよろしければ読んでみてくださいあ

超高層マンションのように一度に建ち上がってしまう物件は別として、数棟にわけた事業計画なら、
事業主や建設業者の投資負担が少なくて済む・・・・・・このような販売方法が有利であるのは容易に想像できます。

バブル以前や、バブルのころであれば「今はこの値段ですが、次期分譲ではこんな
価格では売れませんよ!欲しいのなら今のうちですよ!」という強気な声が聞こえ
てきそうでしたが、バブル崩壊後は一転して、消極的な意味で分割販売されているように思えます。
土地価格の下落と、建設業界の不況。さらに経済に対する長期展望が立てられない現状。
今の負担を軽くしておいて次回の事業に余力を残したい。こんな思惑が見えてきそうです。

EZ074_L