マンションの善し悪し

建築の現場には安全面での問題があり、工事中の現場を見せてもらえるのは困難だ
と思いますが、構造見学会などの機会があれば穂極的に参加してみたいものです。物
件が違えば担当者も変わりますが、会社の技術水準の傾向はわかると思います。

管理者不在が欠陥を生む

元来、技術者にはコスト以前に「よいものをつくりたい」という気質をもつ方が多
いのですが、不況が続く昨今の環境では、建設コストにしわ寄せがいく例も多く、ひ
いては施工に携わる方々のモチベーションの維持も年々難しくなっています。前述の
体制が実際の現場で実行に移されなければ意味がありません。自社の社員ではコスト
がかかるため、現場所長が協力会社の社員である例も見受けられます。会社としての
責任をフォローできる体制であれば、そのこと自体は問題は少ないと思われますが、まかせっ放しではいけません。
まかせっ放しが直接施工する協力会社まで至れば、管理者不在という事態にもなりかねないのです。
発注者側が無理なコストで押し付け、コストが厳しいから管理もおざなりになり、雑な工事のままに進んでしまう:::
欠陥の多くがそんな要因から生じていることにも目を向けなければなりません。
他の要因はに載っています。

その事業に実際に携わる人の力量によってマンションの良し悪しが左右される部分
が大きいので一概に判断できない面もありますが、企業ポリシーがしっかりしていれ
ば、おのずとその事業に携わる人の能力や姿勢に現われてくるものではないかと思い
ます。購入者が施工業者の担当者と直接会う機会はごく少なく、アフターやメンテナ
ンス時に限られるかもしれませんが、既存物件での対応や評判から分かることもあり
ますので、日頃からアンテナを張っておくこともひとつの方法です。

EZ162_L