工事監理の状況

工事監理の状況はどうやって知る?

複数の購入者がいるマンションでは自分だけの意志で工事監理はできません。
購入者の工事チェックすらできないのが現状です。

あなたが二戸建ての注文住宅を建てようとします。
その場合は、あなたの意思で設計者や工事監理者を決めることができます。

一戸建ての青田売りの建売住宅の場合、あなたは設計者や工事監理者を選ぶことは
できませんが、あなたの意思で工事チェックのアドバイスを第三者の建築士に依頼す
ることができます。この場合、ほとんどの売主はこれを拒絶することはありません。

では、マンションではどうでしょうか?同じ青田売りであっても建売住宅とは違
い、ひとつのマンションには住戸分の購入者がいます。買主(もしくは施主)がひと
りであることと複数であることとでは大きく違います。

マンションの工事の場合、全体を少しずつ建設するものですから、あなたの購入す
る場所だけをみることは難しく、また、ほかの購入者のプライバシーの確保という理由で、
あなたが第三者の工事チェックを希望しても受け入れられることは少ないと考えるべきです。
私はで情報を集めました。

+大事なのは設計?施工?+
よい設計があり、それをよりよく実現する施工があってよい建物が生
まれますが、実績やノウハウでデベロッパーに太刀打ちできる設計者
は多いとはいえません。勉強不足の設計でアフターが大変になるより
も、施工を重視する考え方は根強いですし、事業者はコストを抑えた
い、施工会社は利益を確保したいので、コスト主体の設計を施工者が
コントロールする考え方も間違いではありません。

EZ148_L