販売時期の損得

戸建ての世界でも、私が知っている限りでは注文住宅と建売住宅であったのが、い
つの間にか「売建住宅」という新語ができています。建売でありながら、購入者が決
まってから着工する変な住宅です。これも広義でいう第2期分譲に近いのではないで
しようか。

販売時期によって損得はある?

多くの場合、最初の第1期分譲でいい物件が売りに出される傾向にあります。逆に、
購入希望者に「安い!」と思わせる、手ごろな物件を出すケースもあるようです。い
ずれの場合も、早い分譲の段階で完売を目指し、以降の分譲を資金的にもイメージ的
にも有利に進めようとする、販売会社の意図が見えてきます。

そのため、安さを求める場合も、角部屋や最上階といった好条件を求める場合も、
まず第1期分譲に注目する必要があります。ただ、慌てて買うのは後悔の元。自分の
欲しい住戸の条件をしっかり決めて、それにぴったり合わなければ次の分譲を待つのも手です。

第1期での売れ行きがよく、第2期以降も強気の価格を提示する場合がなくはあり
ませんが、全体的な傾向として、第2期分譲以降のほうが割安感のある設定になって
きます。また、じっくり様子を見ることによって、最終的に完売するのかどうかを見極めることも可能です。
ここを読んで見極めに必要な情報を集めてください。

完売は販売会社側の最大の目標ですが、同時に居住者にとってもひとつの関心事。
なぜなら、売れ残り住戸の多いマンションでは、その後の管理運営が成り立たないからです。

EZ089_L