デベロッパーの善し悪し

デベロッパーに善し悪しはある?

デベロッパーは土地の仕入れからマンションの企画、工事発注そして販売を行なう
(もしくは取り仕切る)会社を指します。チラシや広告に「事業主」と記載されてい
る会社がそれにあたります。まず、購入者からみて理想的なデベロッパーというものを考えてみましょう。

⑪顧客が自社を支えてくれているという感謝の念をもっている。
②住まいという生活・社会基盤に携わる事業に畏怖と責任を抱いている。
②よい住まいを供給することに理念と情熱をもっている。
④品質の確保・改善に積極的に取り組んでいる。
⑤質のよい物を適正な価格で供給している。
⑥売り放しでなく、アフターフォローもしっかりしている。
そのほかにもいろいろ考えられますが、購入者からみれば事業者としての信頼性があるかどうかが善し悪しの基準になるのだと思います。
チラシの物件概要を読みこなすことができれば、以下の点がわかります。

事業形
⑪事業用地として土地を取得し、マンションを建設・分譲する事を生業とする形態
②共同事業形態(大規模物件に多い、売り主が複数の形態)
⑬資産(所有地)処分の際に建物を付加して売却する形態

企画.販売形態
⑪自社内で企画.販売までのすべてを行なう形態
②自社内で企画のみを行ない、販売は販売会社へ委託する形態
③企画.販売のすべてを外部へ委託する形態
このようなことから事業主体や供給の仕方が読み取れます。その会社の実績を調べたり、
販売センターでの担当者の対応の内容から、その会社の様子が分かるでしょう。
ここで詳しい事を調べました。

EZ187_L